J1補強ピックアップ

バルセロナ在籍歴のある選手やロンドン五輪得点王などビッグネームがJリーグに!!

 昨年の夏の移籍期間にはイニエスタフェルナンド・トーレスJリーグに参戦しリーグとしても盛り上がった一年。グッズの新作やレプリカユニフォームの売り上げも伸びたのではないだろうか。イニエスタが来ることによって普段Jリーグをあまり見ない人にもスタジアムに足を運んでもらえたことによりヴィッセル神戸だけでなく対戦チームのホームの試合での観客の数も増えた。

 今年の1月の大きな移籍期間ではバルセロナで3トップの一角を担っていた

ダビド・ビジャが神戸に、そしてロンドン五輪得点王のレアンドロ・ダミアンが川崎に加入する。

 ここではいくつかのクラブに注目して補強をみていく。

 

 

1.川崎フロンターレ

 

 昨季J1リーグ2連覇を成し遂げ連覇ボーナスがプラスされた大きな分配金を手にすることができた。ハード面にも予算は投入されているが、補強にも積極的な動きが見られた。

 外国籍選手にはレアンドロ・ダミアンとマギーニョ、ジェジエウが加入。日本人ではC大阪からは山村、広島からは馬渡さらにレンタルではあるがJ2山口からはGK藤嶋を獲得した。

 新たな顔ぶれは少ないが得点源になり得るレアンドロ・ダミアンやセンターラインどこでもこなせる山村そしてエウシーニョの抜けた右サイドに馬渡とマギーニョ。どれもピンポイントにレベルの高い選手を獲得できた。今年もACLを戦う川崎はターンオーバーをかけても高いレベルを維持するために層を厚くする補強になった。

 鬼木監督で3年目の今シーズンは3連覇にも期待がかかる。

 

 

2.ヴィッセル神戸

 昨季途中で指揮を執ったリージョ監督が今シーズン目指すスタイルは「バルサ式」。

キャンプからポゼッションを落とし込みチームとしてのスタイルを確立できるか注目だ。

 バルサ式を目指す神戸はバルセロナ在籍歴のあるダビド・ビジャを獲得。さらに予想されるシステム4-3-3のトリプルボランチの一角「アンカー」としてC大阪からは山口を獲得。両SBには鹿島から西、G大阪から初瀬が加入。ややCBの補強がないことが不安材料ではあるがビジャ、ポドルスキイニエスタの3枚の加わる攻撃には注目だろう。

 中位でシーズンを終えることが多かったが今年は優勝争いにも絡んでくる可能性が高い。

 

3.浦和レッズ

 昨季シーズン序盤は苦戦を強いられたもののオリヴェイラ監督への交代後の立て直しはお見事と言わざるを得ない。今シーズンはさらにこのスタイルを熟成し開幕から良いスタートダッシュを決めたいところか。

 李忠成横浜FMへ移籍したが杉本健勇を獲得しFWが一層厚みを増した。CBには柏から鈴木大輔が加入し熾烈なレギュラー争いが予想される。左WBとし山中も加わり攻撃のバリエーションは増えるだろう。そして昨季定位置を掴んだ東京五輪世代の橋岡が今年更なる成長を遂げればより怖さは増すだろう。

 各ポジションにタレントをそろえJ1優勝も狙える戦力になったはずだ。

 

4.鹿島アントラーズ

 クラブW杯では19歳安部の躍動が見られ未来は明るい一方で昌子の海外移籍そして西大吾の移籍の影響は小さくないだろう。小笠原が引退し新たにキャプテンとなった内田篤人を中心にJ1優勝を狙う。

 ボランチに清水から白崎をそしてFWには横浜FMから伊藤を獲得し、昨季J2町田でインパクトを残した平戸がレンタルバック。CBの補強がブエノのレンタルバックのみということや西の穴埋めが不安材料だ。

 犬飼やチョン・スンヒョンの二人が夏の移籍期間までに大きな離脱なく過ごせれば良いが離脱時には若手の町田そして流経大柏から入団の関川の奮起に期待というところか。昨季後半には過密日程ながらも鈴木優磨はフル稼働しクラブW杯ではケガのため出場できなかった。この鈴木にかかっていた負担を新加入の伊藤がどれだけ軽減できるかもポイントになるだろう。

 

5.ジュビロ磐田

 昨季J2とのプレーオフを制し今季もJ1の舞台で戦うが残留争いだけは避けたいところだろう。名波体制6年目の長期政権だが立て直しに注目したい。

 FWにルクセンブルク代表のロドリゲスを迎えた。しかしロドリゲス以外の目立った即戦力の補強がない。川崎から森谷やJ2山形から中山を獲得したがこの2選手がレギュラー争いにどれだけ食い込めるかだろう。川又や大久保らベテランの2人のアタッカーに今シーズン頼らざるを得ない状況になるのだろうか。

 スピードのあるアダイウトンがいる左サイドの攻撃はストロングポイント。しかし昨シーズンは大きな離脱があり試合に絡むことが難しかった。離脱せずにシーズンを過ごすことがまずは大事だ。ウズベキスタン代表のムサエフ、田口のダブルボランチ山田大記サイドハーフなど中盤はタレントがいる。あとはフィニッシャーが出てくれば苦しい戦いは避けられるのではないだろうか。小川航基の成長にも注目だ。陣容自体はそれほど昨季と変わらないが安定した戦いぶりで残留をつかみ取りたい。

 

 

最後に

 積極補強をしたチームもあればあまり変わらないチームもある。多くのチームはキャンプインをしており2月末にはJ1開幕だ。J1優勝争いや残留争い。大躍進や低迷が起こりやすいのがJリーグ。今年はどのチームが躍進するのかを楽しみに開幕の時を待ちたいと思います。

コンサドーレ2019シーズン展望

 移籍選手は多かったがダメージ自体はそれほど大きくはない

 長年チーム支えキャプテンを務めたこともあった河合をはじめJ1昇格に貢献してきた内村、そして稲本や菊池など多くの選手がチームを去った。

 しかし、大きいダメージがあるとすれば昨季12得点の都倉がC大阪へ移籍したくらいであとはそれほど大きくはないだろう。むしろ都倉が流出したがそれを補うだけの補強はできたといえる。

 

 鈴木武蔵を筆頭に新たな攻撃の核になり得る選手を迎えた

 都倉は流出したが代わりにVファーレン長崎から昨季11得点の鈴木武蔵を獲得。

他にも左WBの中野や京都サンガから東京オリンピック世代の岩崎、そしてアンデルソンロペスとルーカスフェルナンデスの外人2人を新たに迎えた。さらに高校サッカー選手権優勝の青森山田の10番”檀崎竜孔”の入団が内定しており将来が有望な選手と実力のある選手をバランスよく補強できた印象。G大阪Vファーレン長崎にレンタル移籍していた中原が2シーズンぶりに帰還しプレーの幅を広げた彼の活躍にも期待がかかる。

 見込み通りの活躍をしてくれれば昨シーズン以上の結果はあり得る

 鈴木武蔵には今シーズンも2桁の得点が求められるはずでありアンデルソンロペスやジェイを中心とした攻撃のバリエーションが増えれば前線の迫力は増すだろう。

しかし、前線にタレントが集まったが連携面での不安はあるためキャンプからしっかり構築していってほしい。

 

 最終ラインの層の不安は消えず…

 積極的に動いた前線の補強とは正反対に昨季後半からでた最終ラインの不安を補うバックアッパーもしくは即戦力の獲得はない。昨季カップ戦などで好パフォーマンスをした中村の昇格はあったもののそこに賭けざるを得ないというのは心もとなさすぎる。

まずは夏の移籍期間まで大きなケガなくやり過ごせることを願いたい。

 

 精神的支柱の役割は宮澤が担う?

 河合らベテランが退団し精神的支柱の役割はチーム最年長の小野やキャプテンの宮澤が予想される。2019シーズンは昨シーズンのようなうまくいくシーズンになるかもしれないし残留争いを強いられる厳しいシーズンになる可能性もある。残留争いとなればチームの雰囲気は自然と悪くなるのでそういった厳しい状況でチームを好転させる起爆剤のような役割を誰が担うのか注目である。

 

 2019シーズンもまずは残留から

 J1で3年目を迎え一つの節目のシーズンである。ACLが目の前だった昨シーズンがあるため「今年は優勝!」「ACLだ!」と言いたい気持ちはわかる。しかし柏レイソルは一昨シーズン前に4位でいながら昨年J2へ降格してしまったのだ。資金力に大きな差がないクラブが多いJリーグだからこそ、少しのことで上位浮上もあれば下位転落もあり得る怖いリーグ。まずは残留を目指して戦うのは昨シーズンとは変わらないがその先を目指す戦い方は昨シーズンを糧に戦える強みがあることを忘れないでもらいたい。

 

 

 

コンサドーレ年間総括<後編>

 躍進の裏で来季への課題も

 前編では今シーズンを通しての大きくクラブとしての成長であったり変化を取り上げてきました。後編では来季への課題、不安材料というものを取り上げていきたいと思います。

 

 

 要所での試合を落としてしまう

 今シーズン”取りこぼし”は非常に減ったと思います。中位もしくは下位相手の試合だとある程度引き気味に構えてくるチームもあり札幌がやりたいようにさせてもらえることも多くありました。一方で川崎や鹿島そして広島の上位陣には主導権をとられることも多くこの3チームから今シーズン勝ち点3を奪うことはできませんでした。来季以降さらなる浮上を目指すのであればその3チームから勝ち点3を奪うことは必須です。

上位陣と勝ち点の差を埋めるには直接対決で勝つのが一番手っ取り早いのだから。

 

 

 バックアッパーに力強さを感じない

 今季のコンサドーレでは選手層の薄さを感じたことも多いはずだ。ミシャ監督になってからは攻撃に重点を置くことから選手起用ではスピードのある選手やテクニックであったりビルドアップのセンスが良い選手をファーストチョイスとして使っていた印象がある。昨季までは左WBには石川、CBには横山や菊池が起用されていたが今季は菅やキム・ミンテ、荒野や深井そして進藤が多く起用された。しかし今季スタメンを1つ2つでも替えるとかなりプレーの質が落ちたようにも思える。駒井の代わりがいないというのも感じたことだ。今季は幸い大きなケガは少なくスタメン陣の長期離脱はなかったが来季以降離脱した時に高いクォリティでプレーできる選手が欲しいところだ。途中交代での出場でもインパクトを残せる、悪い流れを断ち切ることができる選手がベンチで欲しかったというのがシーズンの後半戦は特に感じたことだ。

 

 

 来シーズンはクラブとしてJ1で3年目を迎えるシーズン

 コンサドーレが目標としているのは「J1定着」。今季残留を果たし来季は初のJ1三年目を迎える。しかし、まだまだ定着とは言えないだろう。ミシャ監督1年目でここまでの成績を残すと来季の期待値は高まるだろうが堅実に来季も戦ってほしいというのが私個人の願いだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンサドーレ年間総括<前編>

 今季はクラブ史上最高順位4位でフィニッシュ

 昨シーズンは11位でシーズンを終えたが今シーズンは4位フィニッシュ。ACLの出場権こそ獲得はできなかったものの”躍進”という言葉が似合う順位でのフィニッシュといえる。15勝10引き分け9敗で勝ちが一番多く敗戦が一番少ないというのは理想的なシーズンではないだろうか。

 今回はこのシーズンが終わったタイミングで4位で終えた今シーズンを簡単に総括していきたい。

 

 

 スタイルの大きな転換が順位浮上の最大の要因

 今シーズンはミハイロ・ペトロヴィッチ(愛称:ミシャ)新監督を迎えて臨んだ。

昨シーズンまで築いてきた堅守からのシンプルなカウンターというスタイルから自分達でボールを運び”崩す”という攻撃的なスタイルへと転換。ミシャ監督での一年目は過去の在籍チームのデータから見ると苦戦を強いられていた印象があるためサポーターの一部には我慢のシーズンと考えていた人もいたと思うが見事な成績を残した。

 長年「ドン引きのカウンター」というイメージの強かったコンサドーレに自分達から仕掛けていくという超攻撃的サッカーをキャンプからチームに落とし込んだことにより別チームというようなスタイルの変化を遂げた。チームの得点数は48で昨シーズンから9得点増えた。一方で失点も48と昨シーズンより1点増えただけだった。

 

 

 若手の成長が新しい風を吹かす

 菅、深井、荒野、進藤、三好という5選手は今シーズン大きなアクセントを与えてくれた。深井は大きなケガを何度も乗り越えいくつかの欠場はあったが今シーズンはシーズン通して試合に絡めていた印象だ。そして菅は左WBを主戦場としたが出場を重ねるにつれてクロスの精度や持ち前のスピードでサイドをえぐるシーンも見えた。進藤は”全試合フル出場”これだけでもチームへの貢献度は伝わるだろうが得点も4を記録している。

 

 

 チャナティップ、駒井の二人はキーマンだ

 ミシャ監督が攻撃的なサッカーをするにあたってチャナティップと駒井のドリブラー二人は存在感が大きかっただろう。チャナティップはミシャが太鼓判を押すほどのアイディアとセンスに溢れた選手で8得点を挙げている。駒井については右WBそして後半戦ではボランチやシャドーに入るなどユーティリティな部分も見せた。しかし、ただユーティリティなだけでなくどのポジションに入っても高いクオリティでプレーすることができる。そしてWBに入ったときにはサイドをドリブルで切り裂いたりシンプルにクロスを入れるなど「替えの利かない選手」という印象だった。

 

 

 

後編へ続く

 

 

 

 

 

 

 

 

未消化試合名古屋グランパス戦 ACL圏内へ!~コンサドーレ奮闘日記~

勝ち点の差を詰める大チャンス

 J1第18節が延期となり10月28日に開催された。

コンサドーレにとっては3位と勝ち点1差だったためこの名古屋戦は勝ち点を詰める大チャンスだ。最低でも引き分け以上で勝ち点を1でも積み上げたいなかでの一戦。

 

前半からの主導権をとることに成功

 前半開始早々に右サイド深い位置でのスローインから三好が受け進藤へ繋ぐとスピードを持ってペナルティエリアへ侵入をし相手のファールを誘いPKを獲得。これをジェイがしっかりキーパーの動きをみて右サイドに蹴りこみ先制に成功。しかし、前半の中盤の時間帯にガブリエルシャビエルがジョーのスルーパスを受けると今度は宮澤がシャビエルを倒してしまいPKを取られてしまう。PKはク・ソンユンが反応するもジョーの力強いシュートにゴールを許してしまい1-1同点。同点にされてからは名古屋のガブリエルシャビエルやジョーといった起点から攻撃を受けるも失点はせず。前半も40分を回ったところで深井→荒野→三好→チャナティップと少ないタッチ数で短くつなぐとチャナティップが技ありのパスでジェイへ渡る、ジェイもトラップをせずに振り向きシュートを放つとゴール左隅へ刺さり勝ち越し。その後名古屋にアディショナルタイムイエローカード二枚で退場者がでて前半終了。

追加点の欲しい後半

 相手に退場者が出たことで数的有利な状況が生まれ迎えた後半はミドルサード付近のスペースが生まれたが効果的には使えず。しかしチャンスはそれなりに作るも相手キーパーの好守に阻まれるなどして追加点は奪えず。試合終盤には人数が少ないはずの名古屋にチャンスを作られるなど、あまり数的優位のアドバンテージを受けた展開とは言えず。交代選手も大きな存在感は出せず2-1の試合終了。20本ものシュートを打ちながら生まれた得点は2点のみ。物足りない印象だったが勝ち点3をとれたことは大きくこれで3位浮上。(10月28日札幌対名古屋戦終了時)

 

 

数的有利な状況での戦い方に疑問を残す…

 勝ち越しの状況、さらに数的有利な状況での後半45分間。こんなに有利で迎えられる45分間はほとんどないだろう。しかしコンサドーレはドン引きの名古屋の守備に手を焼く。ボールを動かし相手を引き出そうとするのはわかるが相手陣内深い位置でボールを持ったときに結局サイドに展開というのがよく見られた。ミドルシュートという選択肢はなかったのだろうか。結果的に決め切れずに時間が経過していくと後半の終盤には数的不利の名古屋に点が入ってもおかしくないチャンスを作られた。なんとか凌ぎきったというのも強さではあるがそれまでの札幌のチャンスで決め切れば「ダメ押しの一点」になっていただろう。札幌はまだ鹿島のような試合巧者にはなれなかった。

 

 

 

セットプレーでアイディアをみせる

 この試合ではコーナーキックでただ中に蹴りこむだけでなくグラウンダーのボールをいれるなどバリエーションをみせた。点にこそ結びついてはいないがこれからも続け精度を高めていってほしい。これまでの札幌のコーナーキックはジェイや都倉といった高い選手にボールを合わせるという非常にベタなものだった。前節の湘南戦では湘南はコーナーキックだけでなくフリーキックの場面でもさまざまな策をだしてきた。フリーキックに関しては点にも結び付いていただけにセットプレーでのバリエーションの重要性というのは感じただろう。それもあったからなのかこの試合ではセットプレーではいつもと違うことをやっていた。ただボールを高い選手に合わせるのは相手も一番警戒していること。当然飛ばせないような体をタイトに密着させた守備をする。身長の低い選手が走りこんできてニア、もしくはファーで合わせるなどの高い選手にマークが集中することを生かしたボールの入れ方をするだけでもまた変わってくるだろう。札幌には精度の高い福森というキッカーがいるのだからセットプレーでバリエーションが少ないというのはもったいない。

 

 

残り4試合ますます熱気を帯びるJリーグ

 優勝争いも川崎が2位に勝ち点4差をつけ優勢ないちにつけているもまだ決まっていない。そしてACL圏内を目指す戦いも激しくなっている。残留争いも降格チームがまだ1チームも決まっていないという非常に混戦なシーズンになっている。

 コンサドーレは次節ホームで仙台戦。一つでも多く勝ちを積み重ねていきたいところだ。

 

 

 

 

 

3人の主力を欠いた中での横浜戦~コンサドーレ奮闘日記~

宮澤、都倉、福森の3選手を欠いたなかでの大事な一戦

 前節サガン鳥栖戦で2-1での勝利をしたものの福森、宮澤、都倉の3選手がイエローカードをもらってしまい横浜戦の出場ができなくなってしまった。この3選手はコンサドーレにとってはキーマンであることから横浜戦は厳しい試合になることが予想された。

 

f:id:golazojapan:20181009110144p:plain

 

 コンサドーレは3バックのシステムを用いてここまで戦ってきたがこの横浜戦では4バックを採用した。石川とキム・ミンテを入れて3バックを作り戦うと思っていただけに予想外だった。

 

 試合は前半はコンサドーレがボールを回しながらチャンスを作っていた。前半15分チャナティップがシュートを放ちネットを揺らしたがそのまえにジェイが相手キーパーのブラインドになったとしてオフサイドの判定となりノーゴール。しかし、その後荒野からパスを受けたジェイが右サイドからボールを運び相手ディフェンダーを二人剥がしてシュートを打つとゴール左隅へ決め切り先制に成功。

 しかし、その3分後今度は横浜のウーゴ・ヴィエイラペナルティエリア中央付近でパスが通り最後は仲川に決められ同点に。

 この同点から次第に主導権を握られ始め、後半41分にはコンサドーレの右サイド深い位置でボールはタイミングよく飛び出した横浜の山中に渡り、中で受けたウーゴ・ヴィエイラに逆転ゴールを奪われてしまう。そして前半終了。

 後半はコンサドーレは早坂に替えて石川を投入し3バックのシステムに戻す。前半は横浜の3トップの対応に手を焼きなかなか攻撃参加の場面が見られなかった菅をウィングバックに戻しチャンスを作ろうとした。兵藤や宮吉を投入するも都倉がいないのはやはり厳しいものがあった。兵藤にしても宮吉にしてもストライカーのタイプではなく二列目の選手。ジェイはラスト15分はほとんど動けていなかった印象。得点が欲しい状況で前線に迫力を出し攻め切ることはできず試合終了。コンサドーレにとっては先制しながら逆転を許すという悔しい敗戦をした。

 

 

奇策とも言われた4バック実りはしなかったが…

 4-4-2のシステムは立ち上がりこそバタバタした印象があったものの時間が経つにつれて悪くはないのかとも思ったが結果として前半で逆転を許した。また、うしろ4枚ということもあってか受け身になってしまう場面もみられた。この4-4-2のシステムは来シーズンのキャンプなどで熟成させてオプションとして使うということができればまた違った引き出しとなるのではないだろうか。

 

センターフォワードは来季の補強は必須

 この試合では都倉が出場停止ということでジェイをアクシデントが起きない限りフルで使わざるをえなかった。ジェイもこの試合で前半には得点をとったが、後半の運動量は落ちていた。ジェイも悪くはなくクオリティの違いに驚かされる場面も多いが年齢も30歳中盤でスタミナの面ではフルでの出場というのはかなり厳しいものがある。しかし現状コンサドーレセンターフォワードは都倉とジェイ以上に怖さのある人がいない。来季以降は外国人の保有枠は制限がなくなることから国内でも国外の選手でもいいのでセンターフォワードの獲得は必要に思える。

 

次節はアウェイ湘南戦

 次節は国際Aマッチデーの影響で間が空き湘南戦に臨む。宮澤、福森、都倉が復帰するので勝ちにこだわっていきたいところだ。まだ3位との差は勝ち点2で食らいついていきたい。宮澤がボランチに入るのかそれともセンターバックに入るのか注目である。

 

再び4位浮上コンサドーレ札幌 3位までとは勝ち点1差に

ホームで迎え撃つはサガン鳥栖

 

 リーグ戦で2連敗し、天皇杯ジュビロ磐田にも敗れ公式戦3連敗という状況で迎えたホーム鳥栖戦。流れは悪いが降格圏に位置する鳥栖には負けられない一戦だった。

続きを読む