「緩和?」「撤廃?」国内リーグのレベルアップへ

 DAZNJリーグの放映権を獲得しJリーグとしても大きな収入が得られて今年で二年目。10年間という大型の契約となり分配金も大幅に増えた。J1とJ2では分配金にも開きが大きくなりJ1へ席を置くことによる意味が増した。

 お金の問題だけでなくDAZNJリーグの放映権を獲得してからはJ1の金曜開催などもするようになった。

そして今年はJリーグイニエスタ選手やフェルナンド・トーレス選手といったスター選手が来た。

 

 イニエスタ選手に関して言えばシーズン途中の背番号変更を可能としJリーグの規則が変わった。

 

 そしてJリーグが来シーズン以降のレギュレーション変更として検討されているのが

 外国籍選手枠の撤廃もしくは緩和

外国籍選手を増やすことの意味としては国内リーグのレベルを上げるためそして国内選手の競争を活発化させたいというのが狙いだろう。

 

外国籍選手枠が撤廃されれば外国籍選手だらけになってしまう!!

外国籍選手枠を撤廃したとしても実際に外国籍選手を多く獲得できるのは資金力のある母体の大きなチームではないでしょうか。外国籍選手が多いチームが1、2チームあってもリーグとしてチームごとに色があって面白いとも思いますが。

 

いきなり撤廃は予測ができないから一旦緩和策で様子見という見方も…

この外国籍選手枠の問題は一度舵を切ってしまえばなかなか戻ることが難しい問題と言えるでしょう。それなら一度緩和で様子見をしてから撤廃でもいいのではないかということも理解ができます。ほかにも資金力のないチームを応援している人からすれば外国籍選手枠が撤廃されるとチームごとの差が開くという見方から緩和でいいということもありそうです。

 

外国籍選手が増えれば国内選手は育つ?

 チーム内の競争が激化することは間違いなしですが果たして出場機会の少ないポジションの選手は育つのかという疑問はあります。実際GKに関して言えば外国籍選手のほうがクオリティは高いことから外国籍の選手を用いることのほうが増えそうです。しかしGKは実戦で経験を積んでこそのポジションですし日本代表のことを考えるとGKについては国内選手を使ってほしいという個人的な願望もあります。

 

 

最後に:外国籍選手が増えれば選手はもっとタフになる

 国内リーグからヨーロッパへ活躍の場を移す選手のなかには1、2年で帰ってくる選手もいる。体格差が大きくある相手と戦う場が現在のJリーグでは少なく海外に挑戦することが多いが国内でも外国籍の選手が増えればある程度そういった相手とも対戦する機会が増える。チーム内競争を活発にすることでよりレギュラーをとることに貪欲になることやタフになるのではないか。デメリットも多く考えられるが収入が多くある今でこそできることでもあるので是非外国籍枠については考えていただきたい。