3人の主力を欠いた中での横浜戦~コンサドーレ奮闘日記~

宮澤、都倉、福森の3選手を欠いたなかでの大事な一戦

 前節サガン鳥栖戦で2-1での勝利をしたものの福森、宮澤、都倉の3選手がイエローカードをもらってしまい横浜戦の出場ができなくなってしまった。この3選手はコンサドーレにとってはキーマンであることから横浜戦は厳しい試合になることが予想された。

 

f:id:golazojapan:20181009110144p:plain

 

 コンサドーレは3バックのシステムを用いてここまで戦ってきたがこの横浜戦では4バックを採用した。石川とキム・ミンテを入れて3バックを作り戦うと思っていただけに予想外だった。

 

 試合は前半はコンサドーレがボールを回しながらチャンスを作っていた。前半15分チャナティップがシュートを放ちネットを揺らしたがそのまえにジェイが相手キーパーのブラインドになったとしてオフサイドの判定となりノーゴール。しかし、その後荒野からパスを受けたジェイが右サイドからボールを運び相手ディフェンダーを二人剥がしてシュートを打つとゴール左隅へ決め切り先制に成功。

 しかし、その3分後今度は横浜のウーゴ・ヴィエイラペナルティエリア中央付近でパスが通り最後は仲川に決められ同点に。

 この同点から次第に主導権を握られ始め、後半41分にはコンサドーレの右サイド深い位置でボールはタイミングよく飛び出した横浜の山中に渡り、中で受けたウーゴ・ヴィエイラに逆転ゴールを奪われてしまう。そして前半終了。

 後半はコンサドーレは早坂に替えて石川を投入し3バックのシステムに戻す。前半は横浜の3トップの対応に手を焼きなかなか攻撃参加の場面が見られなかった菅をウィングバックに戻しチャンスを作ろうとした。兵藤や宮吉を投入するも都倉がいないのはやはり厳しいものがあった。兵藤にしても宮吉にしてもストライカーのタイプではなく二列目の選手。ジェイはラスト15分はほとんど動けていなかった印象。得点が欲しい状況で前線に迫力を出し攻め切ることはできず試合終了。コンサドーレにとっては先制しながら逆転を許すという悔しい敗戦をした。

 

 

奇策とも言われた4バック実りはしなかったが…

 4-4-2のシステムは立ち上がりこそバタバタした印象があったものの時間が経つにつれて悪くはないのかとも思ったが結果として前半で逆転を許した。また、うしろ4枚ということもあってか受け身になってしまう場面もみられた。この4-4-2のシステムは来シーズンのキャンプなどで熟成させてオプションとして使うということができればまた違った引き出しとなるのではないだろうか。

 

センターフォワードは来季の補強は必須

 この試合では都倉が出場停止ということでジェイをアクシデントが起きない限りフルで使わざるをえなかった。ジェイもこの試合で前半には得点をとったが、後半の運動量は落ちていた。ジェイも悪くはなくクオリティの違いに驚かされる場面も多いが年齢も30歳中盤でスタミナの面ではフルでの出場というのはかなり厳しいものがある。しかし現状コンサドーレセンターフォワードは都倉とジェイ以上に怖さのある人がいない。来季以降は外国人の保有枠は制限がなくなることから国内でも国外の選手でもいいのでセンターフォワードの獲得は必要に思える。

 

次節はアウェイ湘南戦

 次節は国際Aマッチデーの影響で間が空き湘南戦に臨む。宮澤、福森、都倉が復帰するので勝ちにこだわっていきたいところだ。まだ3位との差は勝ち点2で食らいついていきたい。宮澤がボランチに入るのかそれともセンターバックに入るのか注目である。