未消化試合名古屋グランパス戦 ACL圏内へ!~コンサドーレ奮闘日記~

勝ち点の差を詰める大チャンス

 J1第18節が延期となり10月28日に開催された。

コンサドーレにとっては3位と勝ち点1差だったためこの名古屋戦は勝ち点を詰める大チャンスだ。最低でも引き分け以上で勝ち点を1でも積み上げたいなかでの一戦。

 

前半からの主導権をとることに成功

 前半開始早々に右サイド深い位置でのスローインから三好が受け進藤へ繋ぐとスピードを持ってペナルティエリアへ侵入をし相手のファールを誘いPKを獲得。これをジェイがしっかりキーパーの動きをみて右サイドに蹴りこみ先制に成功。しかし、前半の中盤の時間帯にガブリエルシャビエルがジョーのスルーパスを受けると今度は宮澤がシャビエルを倒してしまいPKを取られてしまう。PKはク・ソンユンが反応するもジョーの力強いシュートにゴールを許してしまい1-1同点。同点にされてからは名古屋のガブリエルシャビエルやジョーといった起点から攻撃を受けるも失点はせず。前半も40分を回ったところで深井→荒野→三好→チャナティップと少ないタッチ数で短くつなぐとチャナティップが技ありのパスでジェイへ渡る、ジェイもトラップをせずに振り向きシュートを放つとゴール左隅へ刺さり勝ち越し。その後名古屋にアディショナルタイムイエローカード二枚で退場者がでて前半終了。

追加点の欲しい後半

 相手に退場者が出たことで数的有利な状況が生まれ迎えた後半はミドルサード付近のスペースが生まれたが効果的には使えず。しかしチャンスはそれなりに作るも相手キーパーの好守に阻まれるなどして追加点は奪えず。試合終盤には人数が少ないはずの名古屋にチャンスを作られるなど、あまり数的優位のアドバンテージを受けた展開とは言えず。交代選手も大きな存在感は出せず2-1の試合終了。20本ものシュートを打ちながら生まれた得点は2点のみ。物足りない印象だったが勝ち点3をとれたことは大きくこれで3位浮上。(10月28日札幌対名古屋戦終了時)

 

 

数的有利な状況での戦い方に疑問を残す…

 勝ち越しの状況、さらに数的有利な状況での後半45分間。こんなに有利で迎えられる45分間はほとんどないだろう。しかしコンサドーレはドン引きの名古屋の守備に手を焼く。ボールを動かし相手を引き出そうとするのはわかるが相手陣内深い位置でボールを持ったときに結局サイドに展開というのがよく見られた。ミドルシュートという選択肢はなかったのだろうか。結果的に決め切れずに時間が経過していくと後半の終盤には数的不利の名古屋に点が入ってもおかしくないチャンスを作られた。なんとか凌ぎきったというのも強さではあるがそれまでの札幌のチャンスで決め切れば「ダメ押しの一点」になっていただろう。札幌はまだ鹿島のような試合巧者にはなれなかった。

 

 

 

セットプレーでアイディアをみせる

 この試合ではコーナーキックでただ中に蹴りこむだけでなくグラウンダーのボールをいれるなどバリエーションをみせた。点にこそ結びついてはいないがこれからも続け精度を高めていってほしい。これまでの札幌のコーナーキックはジェイや都倉といった高い選手にボールを合わせるという非常にベタなものだった。前節の湘南戦では湘南はコーナーキックだけでなくフリーキックの場面でもさまざまな策をだしてきた。フリーキックに関しては点にも結び付いていただけにセットプレーでのバリエーションの重要性というのは感じただろう。それもあったからなのかこの試合ではセットプレーではいつもと違うことをやっていた。ただボールを高い選手に合わせるのは相手も一番警戒していること。当然飛ばせないような体をタイトに密着させた守備をする。身長の低い選手が走りこんできてニア、もしくはファーで合わせるなどの高い選手にマークが集中することを生かしたボールの入れ方をするだけでもまた変わってくるだろう。札幌には精度の高い福森というキッカーがいるのだからセットプレーでバリエーションが少ないというのはもったいない。

 

 

残り4試合ますます熱気を帯びるJリーグ

 優勝争いも川崎が2位に勝ち点4差をつけ優勢ないちにつけているもまだ決まっていない。そしてACL圏内を目指す戦いも激しくなっている。残留争いも降格チームがまだ1チームも決まっていないという非常に混戦なシーズンになっている。

 コンサドーレは次節ホームで仙台戦。一つでも多く勝ちを積み重ねていきたいところだ。